わきの臭いが気になる時の対策方法

わきの臭いの強さは人によって異なり、あまり臭わない人と臭いが強い人に分かれます。わきの臭いが強い体質の人は一般的にわきがと呼ばれており、本人が周りの人にクサイと思われるのではないかと気にしてつらい思いをすることも多くあります。そこで、自分でわきが体質だと思っている人は、市販の制汗剤で臭いが改善出来ないなら、病院での治療を考えてみてはいかがでしょうか。わきがの治療法は色々な種類があるので、症状の程度によっては簡単に対策が出来る場合もあります。一人で悩んでいないで病院に行ってみると、意外とすんなりと長年の悩みが解決出来るかもしれませんよ。

比較的症状が軽い人が選べる治療法

わきがの治療を受けたい時は、形成外科や美容外科、皮膚科などに相談に行くと良いでしょう。これらの病院では、わきがに悩んでいる人の症状を客観的に判断して、おすすめの治療法を教えてくれるはずだからです。例えば、わきがの臭いが比較的軽度の時には、塩化アルミニウム液という塗り薬を処方されることがあります。この薬はわきに塗って使うだけなので簡単に対策が出来るのが嬉しい所です。また、ボトックス注射という、わきに注射して汗が出る量を抑える治療法も、軽度のわきがの人には臭いの軽減効果が期待出来る方法となっています。

重度の人は手術を受けるという選択肢もある

わきがの臭いが強い患者さんは、病院で手術を受けることをすすめられる場合があります。わきにあるアポクリン腺はわきがの臭いの原因なので、わきを切開して医師が目で確認しながらアポクリン腺を取り除く手術は、重度のわきがの改善に高い効果が期待出来ます。なお、この治療法は医師の技術力が優れている病院で受ける方が成功率が高くなるので、利用したい場合は病院の評判をよく調べておき、信頼できそうな所で手術を受けるのが良いでしょう。その他にも、マイクロウェーブを照射して汗腺を破壊することでわきがを治療する施術が受けられる病院も増えているため、手術で肌に傷跡を残したくない人は、こちらの治療法が使えないかどうかを検討するのもおすすめです。

わきがでお悩みの方は手術を検討するのが良いでしょう、これまでコンプレックスに感じていたことを解消出来るかもしれません。