見た目のコンプレックスが解消できる

自分自身の顔や体は少なからず親に似ます。これは誰でも言えることです。親の遺伝子が子供に引き継がれるようになっているからです。親から引き継いだ顔が良くなければ、それをコンプレックスに感じることも出てきます。美容整形のいいところとして、見た目のコンプレックスを解消できることです。目が小さい時に大きくしてもらう、一重まぶたの場合に二重まぶたにしてもらうことが出来ます。引っ込み思案の人が、積極的に慣れることもあります。

老化した見た目を若返らせることが出来る

誰にでもいつかは来るのが老化です。いろいろな部分に起きますが、特に顔に出てくる老化は気になります。しわが少しずつ増える、シミが出てくるなどです。化粧で消すこともできますが、化粧を取ったときにショックを受けることもあります。美容整形では、老化した部分を解消できる場合があります。しわは皮膚がたるんだ時にできますが、引っ張り上げることでなくせます。シミは、レーザーなどの技術で痛みなどなく簡単に取ってもらうことが出来ます。

メスを入れる手術とメスを使わない手術

美容整形で行われる手術は、かつてはメスなどを使う痛みを伴うものが主流でした。傷もできますから、仕事などをしている人は行いにくいこともありました。最近はプチ整形と呼ばれるものがあり、メスを使わない方法があります。二重まぶたの場合、切開するのではなく、糸で二重を作って留める手術があります。多少腫れは残るものの、見た目にも傷は残りません。ですからすぐに社会復帰できます。週末にちょっと整形するなどが可能になりました。

小陰唇縮小では、余分な小陰唇を切除して形を整えられるため、見た目に対するコンプレックスの解消を図れる他、痛みなどの不快感も解消できます。